フランス情報とフランス旅行記

  • ジャンジャン・ピエール
    フランス旅行を手がけて20年。私自身もいつも感じることですが、本当のフランスらしさは、パリから先にあります。

  • 画像
 

 ランデヴー・アン・フランス2018⑨ 2018.12.20 Thu

パリに戻ってきました。
パリのホテルはエッフェル塔の近くにある「メルキュール・トゥール・エッフェル」でした。
その昔はフラントゥール・スフランと言ってフランス国鉄系のホテルで、まあ殺風景なホテルでしたが、メルキュールになって少しは明るくなった感じがします。ただ、部屋が狭いのは変わりません!
これは、パリはどこもですね(笑)

今回の見本市前のディナーは、パリ北部の『クリニャンクールの蚤の市』を貸し切りでした!
お店もこの時間まで開けていてくれて、店先でワインが振舞われたり、おつまみがあったりで結構雰囲気がありました。

その後、アーケード内の広場でフレンチカンカンのダンスショーがあり、ディナーは店先の通路にテーブルを並べていただきました。こんなところで夕食を取る機会はもうないと思うとそれなりに楽しめました(笑)
アーケード内ですが外のようなものなので女性には少し寒かったようです。

さて翌日27日から2日間は、終日ワークショップでした。
毎年のことですが、この場では最新の情報を収集できるので、大切な時間です。会場を歩き回るので体力もいりますが。

そんな中で、今回是非お勧めしたいのが下の写真の女性!
ジュリー・コラさんというのですが、パリの場末の劇場でワンウーマンショーを週末に行っています。
普通のパリジェンヌがどのようにパリで生活しどんなことを考えているのかを演じています。
次回時間があるときに是非観に行って、又ご報告したいと思います。
興味のある方は、こちらのウェブサイトから予約可能ですのでご覧ください。

来年のランデヴー・アン・フランスはマルセイユです!

 ランデヴー・アン・フランス2018⑧ 2018.12.19 Wed

ボルドーに帰って、まずはホテルにチェックイン。
本日は、ボルドーの中心地、大劇場の真ん前にあるデラックスホテル「インターコンチネンタル」でした。
流石に立派なお部屋です。

午後は少し時間があったので、やはり立地が良く使い勝手の良い「マジェスティックホテル」を視察に行ってきました。
ホテル前の通りは静かですしお部屋もシンプルながら清潔です。
こちらには3つベッドがあるお部屋もあるので、ご家族での滞在にも便利です。

最近は日本のウィスキーは海外でも人気ですから、地方都市のホテルにも山崎や響などは置いてありますね~。

夕御飯には、ザ・肉をいただきました。この骨髄が美味しいんですよ~。

3月26日
さて、アキテーヌ地方で最後の視察は、2年前の2016年6月にオープンした「シテ・デュ・ヴァン」。
世界のワイン博物館です。
この建物はワイングラスの中でワインを回している状態を表したらしいのですが、かなり奇抜ですね。博物館の中は…

世界中のワインが購入できるブティックや 

デギュスタシオン(試飲)ブース

ワインの歴史がわかるジオラマなど

盛りだくさんで興味深いのですが、日本からフランスを訪れる観光客の方には、余程時間的に余裕がない限り、需要はないかもしれせん。やっぱり、メドックやサンテミリオンのシャトー訪問を優先しますよね!?

最後は、好きなワインを選んでグラスでいただけます。私は、メドック、サン・ジュリアンのワインを選びました。
この日は天気が悪かったのですが、天気が良ければ見晴らしの良いテラスからボルドー市内が望めます。
見学を終えてTGVでパリまで2時間(早い!)です。

 

ページトップへ戻る